UEDA Dental Clinic

 うえだ歯科クリニック

電話 092-282-7205  FAX 092-282-7208
E-mai udchakata@aol.com   URL: http://www.udchakata.com/

〒812-0036 福岡市博多区上呉服町10-10 呉服町ビジネスセンター2階

福岡市 博多区 歯科 インプラント 歯周病 かみ合わせ 義歯 審美 予防 歯医者 博多

ホワイトニング

  

薬液を用いた漂白は、歯を白くする方法のひとつです。
これを「ホワイトニング」と称しますが、近年みなさまの関心が高まっているようです。
このコーナーでは、ホワイトニングがどんなものなのかをみなさまにご説明いたします。



ホワイトニングの種類
このページでは、ホワイトニングの種類について述べます。
 名称で「○○ブリーチング」というものが出てきますが、
「ブリーチング」とは英語で「漂白」を意味します。
薬液を用いた漂白はむしろ「ブリーチング」というのが適切な表現なのでしょう。


T:神経がある歯に対する処置

 神経がある歯に対しては、薬液を歯の表面から浸透させて歯を漂白していきます。

1.ホームブリーチング
  
 上の写真のように、薬液とトレーを用い、ご自宅で処置していただく方法です。
 トレーはあらかじめ各個人専用ということで作成いたします。
 できあがったトレーの中に薬液を入れて一定時間そのまま過ごすことになります。

(用いる薬剤の種類)
1)「Nite White EXCEL」

 
 比較的マイルドです。じっくり取り組みたい方におすすめです。
2)「Nite White EXCEL 'Turbo'」
 
 少し作用が強くなります。歯をしっかり明るくしたい方におすすめです。

2.オフィスブリーチング
 こちらは病院内で行う処置法です。
 薬剤と反応させる光照射装置を用いて行います。
 薬剤を歯面に塗布し、光をあてて薬剤を反応させて歯を漂白していきます。
 短期間で歯を白く明るくしたい方におすすめです。

(用いる薬剤の種類)
「Opalessence(オパールエッセンス)」 
 
 過酸化水素を主成分とした漂白剤です。歯の色が濃い方では1〜2段階ほど明るくなるでしょう。成分の中にフッ素が含まれており、術中術後の知覚過敏が抑えられるのが特徴です。
「Hi Lite(ハイライト)」 
 
 こちらも過酸化水素を主成分とした漂白剤です。光照射により反応を促進させるのが特徴です。

U:神経がない歯に対する処置
 Tと異なるのは、薬液を歯の中に入れて、歯の中から漂白していくことです。
 事前に根の治療を終えておくことが条件です。

1.オフィスブリーチング
 これもTの2.で解説した方法と同じく、薬剤を光にあてて反応させますが、こちらは薬剤を歯の中に入れて行うところが異なる点です。
 
 用いる薬液は上述の「Hi Lite」です。

 
2.ウォーキングブリーチング法
 もっとも古典的な方法です。35%過酸化水素水と過ホウ砂ナトリウムを混ぜ合わせたものを歯の中に入れ、その状態で一週間放置する方法です。これを3回ほど繰り返していくのですが、期間がかかることからこの方法はあまり行われなくなりました。


 まずは、一度お口の中を拝見させてください。
 そこからあなたに適したホワイトニングの方法をご提案させていただきます。




ホワイトニングの成功のために
このページでは、みなさまにホワイトニングを成功していただきたいために、
注意すべき事項をご紹介したいと思います。
以下をよく読んで、ホワイトニングに取り組まれてください。



1.事前に歯の処置を受けておきましょう
 歯の表面にヤニなどのよごれが付いたままだと漂白薬剤が歯に取り込まれにくくなるので、効果が半減します。そのため、歯の表面がよごれている方は事前にPMTC(歯のクリーニング)を受けておきましょう。
 また、むし歯を放置したままホワイトニングを行うと、漂白薬剤により歯髄反応(キーンといたむ、しみるような感じをうける)が生じやすいので、せめてむし歯でやられた組織を取り除いてもらう処置ぐらいは事前に受けておきましょう。

2.お口の中をきれいにしましょう
 歯みがきをていねいに行いましょう。ホワイトニングを体験された方ならお分かりでしょうが、歯の表面がツルツルになります。これは、歯の表面にあるタンパク膜(ペリクルと呼ばれます)が剥がされている状態なのです。歯垢がつきにくい状態なので、むし歯や歯周病が進行しにくい状況ではあると思われますが、油断禁物です。
 ただし別ページにも記載しておりますが、ブラッシング圧が強すぎると歯肉を退縮させてしまい、かえって歯がしみるという事態に陥ることがあるので、あまり一生懸命にならないようにしましょう!

3.飲食物にご注意ください
 ホワイトニング終了後、1時間は食事を控えるようにしましょう。上述のタンパク膜が剥がされている状態なので、歯の表面に色素が取り込まれやすいので気をつけましょう。トレー装着が終わりましたら、ただちにお口の中に残留している薬剤を漱いでしっかり除去しておくことがたいせつです。
 また、食事内容にもじゅうぶん気をつけましょう。ホワイトニング中は歯の表面から色素が取り込まれやすい環境にあるといってもよいので、コーヒーやカレーなど色の濃い飲食物はできるだけ控えたほうが賢明かと思われます。
 もし、どうしても色の濃いものが食べたくなったら?
 あまり好ましくないのですが、そのときは食べ終わったらすぐに歯を磨くようにしておきましょう。色素を確実にとってくれるホワイトニング効果のあるペーストを併用するといいかもしれませんね。

4.しみると感じる前に知覚過敏対策を
 神経のある歯で歯ぐきが下がっている方、関係なく知覚過敏を有している方、むし歯の処置を済ませていない方では、ホワイトニングの薬液によっては知覚過敏の症状をまねくことがあります。事前に必要な処置を受けてたとしても、漂白薬剤による歯髄反応が生じることは事実存在します。私も体験済みです。
 最近は、ホワイトニングで知覚過敏が想定される場合、あらかじめ知覚過敏対策を行うのが主流となっているようです。手ごろで簡単な対策法として、知覚過敏用歯みがきペーストの
シュミテクトを用いることをお薦めいたします。ホワイトニングの開始二週間前からシュミテクトでの歯みがきを行うと、知覚過敏が生じる確率がグッと減ります。ぜひお試しください。
 
歯みがきペースト「シュミテクト」です



ホワイトニングの経験がある方へ
以前に、ご自宅にてホワイトニング(ホームブリーチング)の経験がある方へお知らせです。


ご自身のトレーは合ってますか?適合を確かめましょう。


 ご自身専用のトレーを以前に作ってもらったことがある方は、そのトレーが自分のお口に合うかどうかをご確認ください。それが違和感なく自分のお口に合う方は、そのトレーを用いてホワイトニングを行いましょう。

 合うかどうか不安な方は、一度ご来院いただければ、当院の方で適合状態を確認させていただきます。ホワイトニングを受けてから歯の治療を受けた場合、トレーが合わなくことがありますので、その場合はトレーを新たに作り直されることをおすすめします。

 トレーの適合がよい方は、そのままお使いいただき、薬液のみお求めいただければけっこうです。ご使用に際しては、薬液量および症状の有無などにじゅうぶん注意してください。

 尚、販売は当院患者さん限定です。ご了承ねがいます。



歯みがきペースト
「Supersmile
(スーパースマイル)


当院価格
レギュラーサイズ:2940円 トラベル(スモール)サイズ:1890円



 ホワイトニングを受けて歯が白くなった方のための、メインテナンス用品のご案内です。
 歯の汚れは意外に簡単につくものです。その際たるものがプラークであり、ステインであります。プラークはむし歯・歯周病の原因になりますし、ステインは着色の主な原因です。で、歯にプラークやステインが付着する際、歯の表面のひじょうに薄いタンパク膜(ペリクル)が足場となりますが、このタンパク膜を的確に除去できると、歯の表面がプラークやステインがつきにくい環境になります。
 そこで登場するのが「スーパースマイル」という歯みがきペーストなのです(写真下)。


スーパースマイルの特徴

1.タンパク膜を分解してくれる

 カルプロックスと呼ばれるカルシウム複合成分が、歯の表面に付着しているタンパク膜・ペリクルを分解してくれます。このために、プラークやステインが付きにくくなります。
 Missouri Analytical Lab.の調査では、スーパースマイルのプラーク除去指数が通常のプラーク除去用の歯磨き粉に対し10倍以上の高値でした。

2.研磨剤の含有量が少ない
 歯の表面を研磨する目的で歯磨き粉には研磨剤が入っていますが、含有量が多いと、歯みがき後の歯面に研磨剤が残りやすく、ざらつきの原因になり、歯の表面そのものを痛めかねません。したがって、限りなく研磨剤の含有量を少なくしているのです。
 このため、
歯の表面がツルツルする感じが得られるのです。市販のペーストでは得られない感覚です。

3.重曹(炭酸水素ナトリウム)とフッ素が配合されている
 フッ素のむし歯予防効果は昔からいわれているので有名です。
 重曹(Baking Soda)には、口腔内を中和する作用があり、エナメル質の脱灰を防いでくれるといわれます。つまりむし歯予防につながるのです。日本の大学で重曹をむし歯予防の研究材料としてあまり取り上げていないようですが、いくつかの開業医ではむし歯予防として重曹とフッ素の併用を提唱しております。


 上記の特徴を有しているので、
当院としてはこのペーストを単なる「ホワイトニングメインテナンス用ペースト」ということだけでなく、通常の歯みがきペーストとしてみなさまにお薦めいたします







あなたの歯を白くしてみませんか ホワイトニングについて/福岡市博多区の歯科医 うえだ歯科クリニック