二度と生え変わることのないご自身の歯を守りましょう!そのためには常日頃からの歯とお口のセルフケアが大切!当院ではお口のケアに用いるさまざまなオーラルグッズを厳選し、受付で販売しております。取り扱ってるグッズを紹介いたしますので、必要に応じて各種グッズをお求めください。治療をうけなくとも、グッズ購入のみで来られても大丈夫ですよ!みなさまのご来院、お待ちしております。
 → 「オーラルグッズ販売」のページへ


UEDA Dental Clinic

 うえだ歯科クリニック

電話 092-282-7205  FAX 092-282-7208
E-mai udchakata@aol.com   URL: http://www.udchakata.com/

〒812-0036 福岡市博多区上呉服町10-10 呉服町ビジネスセンター2階

福岡市 博多区 歯科 インプラント 歯周病 かみ合わせ 義歯 審美 予防 歯医者 博多

 歯は人体の中で外部(といっても口腔内での話です)に晒される唯一の硬組織です。それゆえ、外的衝撃の影響をモロに受けやすいのが特徴です。自分自身のかみ合わせの力、習癖(くいしばり、いびき)、種々のスポーツ・格闘技、そして現代社会における種々のストレス、などなど歯に負担がかかる事項は意外と多いものです。
 「マウスピース」はこのような種々の外的衝撃から歯を守る役目を担ってくれます。ご自身の歯を守る道具としてぜひひとつ、いかがでしょうか?
 → 「マウスピース」のページへ

 食事をしてて「おいしい!」っていえること、それは自分が食べて生きているという証(あかし)です。歯を失ってしまった方、インプラント治療を考えてみませんか?骨の中に人工的な歯根を入れて歯を新たにつくるのがインプラントですが、きちんと入ればその場所で「噛める」ようになります。
 なんでも食べられたあの頃に戻りたい方、ぜひご検討されてみてはいかがですか?
 → 「インプラント」のページ

総合治療案内

 歯やお口の治療・予防、これがあなたの健康につながります。
 ぜひ必要な治療を受けて、歯やお口の健康を保ち、カラダ全体の健康につなげていただければ幸いです。おもな項目をまとめておりますので、ご覧になりたい項目を左のリンクバーから選んでください。
 みなさまのご来院をスタッフ一同心よりお待ち申しております。

 明るく白い歯は、じぶんの健康を誇示する「アピールポイント」になります。つめものやかぶせもので歯を明るくする方法もありますが、むし歯のない歯に対しても「ホワイトニング」という方法で歯を白く明るくすることができます。
 安全で確実なホワイトニングをご紹介いたします。
 → 「ホワイトニング」のページへ

 歯の表面についている「茶シブ」「ヤニ」は、ご自宅での手入れではなかなか取り除けないものです。
 そんなときは歯医者を利用しましょう! 「歯のクリーニング」で歯の表面についている「茶シブ」や「ヤニ」などの汚れを機械的に取り除くと、お口の中がスッキリすることでしょう!
 → 「歯のクリーニング」のページへ

 義歯、入れ歯でお困りの方へ
 歯が失われた後で作成してもらった「入れ歯」はきちんと役立っておりますか?「すぐ外れる」「よく噛めない」という方、一度あなたの入れ歯を見直してみましょう。多少の調整でよくなることもあれば、新たに作成を要するケースもあるかもしれませんが、まずは一度あなたのお口の中と入れ歯を見せていただきたいのです。そのうえで何かしらの提案ができればいいな、と考えております。
 → 「義歯(入れ歯)」のページへ

 首や肩のコリ、腰痛、姿勢悪化などで悩んでませんか?
 これらの症状が歯のかみ合わせの変化から生じることがあるのをご存知でしょうか?知らない間にかみ合わせが低くなり、頭をささえる首(頚椎)に一層負担がかかるために上記症状が生じます。
 これらを改善するのが「テンプレート」です。お口の中に入れるとアラ不思議、首まわりがラクになり上記症状の改善につながります。
 → 「テンプレート治療」のページへ

 じぶんの歯を支えるもの、それが「歯ぐき」です!家の建築なら「棟上げ」した建築物(家)を支える「土台」です。ここが弱いといくらキレイな歯でも使えません。
 歯ぐきの病気である「歯周病」は、「むし歯」とならんで歯を失う二大疾患です。歯周病の原因をよく理解し、病気からじぶんの歯を守りましょう!
 → 「歯周病」のページへ

 うえだ歯科クリニックで行われている治療をご紹介いたします。インプラント、歯周病、義歯、かみ合わせ、おやしらず抜歯など、項目ごとに案内いたします。

 → 「治療総合案内」はこちらから

 「おやしらず」で困っていませんか?
 お口のいちばん奥に位置し、さまざまなトラブルの原因になるのが「おやしらず」といわれる歯です。
 歯を残してもよいのか、それとも抜歯したほうがよいのか?院長・上田が長年の豊富な経験をもとに適切に診断いたします。詳しくは当院まで。
 → 「おやしらず」のページへ