UEDA Dental Clinic

 うえだ歯科クリニック

電話 092-282-7205  FAX 092-282-7208
E-mai udchakata@aol.com   URL: http://www.udchakata.com/

〒812-0036 福岡市博多区上呉服町10-10 呉服町ビジネスセンター2階

福岡市 博多区 歯科 インプラント 歯周病 かみ合わせ 義歯 審美 予防 歯医者 博多

かみあわせ治療
(テンプレート治療)

口の中で噛み合う上下の歯。
これらがなんらかの理由で噛みあわせが低くなることがあります。
噛みあわせが低くなることで種々の愁訴が生じたり、
さまざまな疾患が惹起されることをご存知でしょうか?
テンプレートはそんな愁訴や疾患を改善するために開発されました。
現在、当院ではテンプレートを用いた治療を行っています。


(かみ合わせの役割)
1.咀嚼(そしゃく) 口腔内に入れた飲食物を噛み砕く
2.発音 声を出す
3.嚥下 噛み砕いたものを飲み込む
4.頭を支える 


 これらは皆、しっかりしたかみ合わせがあって行われますが、意外と盲点になっているのが「4.頭をささえる」です。ご存知のように、頭は非常に重く成人の場合8〜10kgぐらいあるとされています。この重い頭は首の骨(頚椎:けいつい)で支えられているのは広く知れ渡っていますが、じつはこれだけだと姿勢を良好に保つのが困難です。

 横から頭蓋および頸部をみると、頚椎は頭の重心より後方に位置しています。つまり、頭を支えるのが頚椎だけだと頭をまっすぐ支えようとすれば頚椎周辺の筋肉には相当な力がかかることになります。ともすれば、頭は前方に倒れやすくなり、姿勢が悪くなる可能性が高いのです。

 つまり、前方には頭を支えるものが必要になってきますが、この役割を担っていると考えられているのがじつは「歯」なのです。ところが、上下の歯が部分的に失われたり、あるいは擦れて磨り減ったり、などの理由でかみ合わせが低くなると、歯で頭が支えきれなくなります。

 すると頭の支えが頚椎だけになり、頚椎には相当の負担がかかり、結果首や肩のコリといった頚椎症、あるいは腰痛、手足のしびれや冷感、姿勢の変化(前かがみ、側方彎曲など)、といった症状に見舞われることになります。

 テンプレートはこのような症状の改善に使われる装置なのです。

  テンプレート、お口の中に入れる装置です。

 写真のとおり、けっこう分厚い装置です。10数ミリ程度の厚みがあります。これを口の中にはめると、そしゃく筋(口を開け閉めする筋肉)が相当ストレッチされます。この刺激が三叉神経を通じて脳に入り、運動神経や自律神経の活性化が促され、さまざまな症状が改善されると考えられます。
 また全身の姿勢を保つ筋肉もこの刺激により伸ばされることになり、結果姿勢の改善につながると考えられます。


(テンプレート使用による効果) 
1.頚椎など脊椎由来の症状改善  頚椎症、腰椎症、脊柱側わん症
2.さまざまな痛みの緩和  頭痛、神経痛、腰痛、リューマチ、がん末期患者の疼痛など
3.自律神経の安定  自律神経失調症の改善、集中力の向上、低体温の改善?
4.運動能力の向上
5.脳血液循環の改善  てんかん、パーキンソン氏病、多発性硬化症、小脳脊髄変性症、痴呆症などの進行遅延、または改善
6.顎関節症の改善  


 これらはテンプレート治療に取り組んでいる先生方より、テンプレートで改善が報告された症例の一部です(個人差あるケースもあります)。ほかにも改善が認められたケースもあります。

 上記疾患でお悩みの方は、一度当院にご来院ください。症状をしっかり聞かせていただき、かみ合わせを確認させていただければ、何かしらのアドバイスができることでしょう。じっさいにテンプレートが必要なケースもあるかもしれません。ぜひご来院ください。

(参考サイト)
 NPO法人日本テンプレート研究会