睡眠時無呼吸症候群・スリープスプリント


睡眠時診呼吸症候群について
Sleep Apnea Syndrome (SAS)


 2003年の山陽新幹線での車両緊急停止問題で、居眠り運転していた運転士がこの疾患にかかっていたことが発覚したことから、世に知れ渡りました。この疾患が原因でいのちを落とす、ということはあまりないのですが、それが原因で作業中の集中力が低下し、業務上でミスを繰り返したり、あるいは取り返しのつかない交通事故を招いたり、といったことで社会的問題のひとつとして捕らえられております。体型的な問題で大相撲の力士が悩まされているケースもあるようですし、先天的にアゴ(とくに下アゴ)が小さい方で本疾患に悩まされる方もおります。
 いくつか、この疾患を取り上げているサイトをご紹介いたしますので、参考にされてください。

 ・睡眠時無呼吸症候群サイト
 ・無呼吸治そう.com
 ・いびきと睡眠時無呼吸症候群(SAS)


SASの要点
1.こんな症状にはご用心!
 以下の症状があてはまりますか?
 あてはまる項目が多くなるほど、要注意です。
 ・睡眠時によくいびきをかく
 ・日中眠気に襲われる(仕事に集中すべきときに、眠気に襲われる。ウトウトする)
 ・起床時にアタマが痛い
 ・熟睡感がない
 ・ED(いわゆる「インポテンツ」:男性の方のみ)
 ・夜、トイレに何回もおきる

2.こんな方が睡眠時無呼吸症候群(SAS)になりやすい!
 SASにかかりやすい方の傾向が出ております。
 以下の疾患にかかっている方、ご注意ください。
 ・高血圧症
 ・肥満
 ・不整脈
 ・浮腫
 ・糖尿病
 ・小下顎症(先天性疾患)


3.もしも自分がSAS(睡眠時無呼吸症候群)になってるかも、と思われたら?
 SASは日常生活や仕事に影響を及ぼす可能性が高いので、すみやかに専門機関を受診して、必要な検査を受けるようにされてください。
 当院からいちばん近い専門機関は大博町の原三信病院です。院内に睡眠時無呼吸症候群専門の外来がございますので、ぜひご利用ください。
 原三信病院:http://www.harasanshin.or.jp/
 同病院内睡眠障害センター:http://www.harasanshin.or.jp/knowledge/sleep/index.html

4.SASの検査について
 専門機関外来にて簡単な検査を受けてください。詳しい検査を受けられるかは、当の専門機関とよく話し合って決められてください。
 SASの詳しい検査は、睡眠ポリグラフィーと呼ばれ、一泊入院にて行います。この検査では、脳波や心電図、胸部の動き、血中の酸素量などの検査端子を体にとりつけて一晩寝ていただき睡眠の深さや質、睡眠中の呼吸状態などを調べ、症状の重さを判定し、治療方法の指針とさせていただきます。
 (当院では行えない検査です。ご了承ください)

5.SASのおもな治療について
 以下の方法が挙げられます。
 ((3)、(4)は当院では行えない治療です)
 
(1)生活習慣改善
 基本的なところとしては、肥満解消(減量)、飲酒制限、精神安定剤服用のコントロール、禁煙、といったところが挙げられます。
 
(2)スリープスプリント
 比較的経度のSASの場合、口の中に入れる装具「スリープスプリント」で症状が改善されることがあります。この治療では、歯科を受診していただくことになります。
 後述「6.スリープスプリント」を参照されてください。
 
(3)耳鼻科領域の外科治療
 扁桃や口蓋垂の肥大が原因でSASが生じていると判断された場合、その縮小手術(場合により摘出?)で症状が改善されることがあります。
 
(4)CPAP療法
 中等度・重症と判断された方は、CPAP(シーパップ)療法を受けていただくことになります。これは、就寝時にマスクを装着していただき、マスク越しに装置から空気を強制的に送り込み、気道がふさがらない、つまり無呼吸にならない、という状態を人工的に作り出す治療なのです。すでに世界的に実証済みの治療法です。



スリープスプリントについて
睡眠時無呼吸症候群の治療装具として取り上げられている
スリープスプリントについてご紹介いたします。


1.スリープスプリントとは?
 別にSASの方だけではないのですが、人間、仰向けに寝ている時(仰臥位)と、ふだんカラダを起こして生活している時(立位)では下顎(下あご)の位置が若干ズレているものです。つまり、立位のときよりも仰臥位のほうが若干下あごが後方になるのです。そのことも影響して、就寝時では重力の関係で後方に沈み、舌根沈下などで気道が閉塞されることがあるのです。
 ところが、下あごを前へずらすことで舌根沈下による気道閉塞が起こりにくくなることが明らかになりました。この状態を人工的に作り出した装置が「スリープスプリント」と呼ばれるものなのです。この装置は、上下両方の歯型をとり、下あごをグッと前に突き出した状態の噛み合わせを記録して作成します。したがって、できあがった装置では、下あごを前に突き出した状態で上下の歯を噛んでもらうことになります。
 いびき解消にもなります。先日、私の知人より作成依頼があり、スリープスプリントを作成しましたが、家族の方より「いびきしなくなったね」と言われたそうです。

 
 
スリープスプリントの本体。樹脂(レジン)を硬化してつくります
 尚、場合により安定をはかるために装置にひっかけの金属(ボールクラスプ)をつけることがあります。装着時に外れにくくなります(もちろん、自分ではずすことは可能です!)


  
 患者さんに装着。非装着時には下顎がかなり後退していますが、装着時には下顎は相当前方に突出しています。この状態で睡眠をとっていただくことになります。最初のころは馴れなかったものの、次第になれてきたそうです。初装着以来7年以上経ちますが、いびきをかかなくなり、同居の家族の方にもたいへん喜ばれているそうです。



2.スリープスプリントの治療価格
 保険適応になるかどうか、で治療価格がガラッとかわります。
(1)保険適応の条件
 上述の原三信病院のようなSASの専門機関にて、SASの診断下でスリープスプリントの装着を要すると判断され、医院より渡されたSASに関する情報提供の文書を歯科医院に提出されることが条件となります。
 医院からの紹介を受ける、というところが重要になってきますので、保険適応にて作成していただきたい方は、事前にSASの専門機関を受診されてください。
(2)保険適応のケースでの治療費
 上述(1)の要件を満たされた方は、保険診療範囲内での治療が可能になります。
 型とり、噛み合わせ記録、装置セットを含めると、いまのところ、3割負担の方なら、およそ10、000円弱がかかる費用、ということになります。
(3)保険適応外のケースでは
 上述(1)の条件を満たさない方については、保険外診療扱いをさせていただきます。たとえば、スリープスプリントを作ってもらいたいが、医科を受診するのが面倒だ、という方がこれに該当するでしょう。
 
型とりからセットまでの一連の処置の総計が31、500円(税込)になります。あらかじめご了承ください。




UEDA Dental Clinic

 うえだ歯科クリニック

電話 092-282-7205  FAX 092-282-7208
E-mai udchakata@aol.com   URL: http://www.udchakata.com/

〒812-0036 福岡市博多区上呉服町10-10 呉服町ビジネスセンター2階

福岡市 博多区 歯科 インプラント 歯周病 かみ合わせ 義歯 審美 予防 歯医者 博多

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について/福岡市博多区の歯科医 うえだ歯科クリニック