UEDA Dental Clinic

 うえだ歯科クリニック

電話 092-282-7205  FAX 092-282-7208
E-mai udchakata@aol.com   URL: http://www.udchakata.com/

〒812-0036 福岡市博多区上呉服町10-10 呉服町ビジネスセンター2階

福岡市 博多区 歯科 インプラント 歯周病 かみ合わせ 義歯 審美 予防 歯医者 博多

マウスピース(マウスガード)について
歯を守る装置である「マウスピース(マウスガード)」のご紹介です。
じぶんの歯をまもるために、ぜひお一ついかがですか?



マウスピースの役割

1.さまざまな衝撃から歯を守る

 力を出すべくグッとくいしばるとき、あるいはコンタクトスポーツで他人と接触するとき、歯にはふだん以上の力がかかるもの。そのため、歯にヒビが入ったり、あるいは割れたり、というアクシデントがつきまといます。
 また、ふだんの生活でも気がつけば何気なく歯をくいしばっていた、あるいは睡眠中に歯ぎしりしていたり、ということでスポーツ以外の場面で歯に力がかかるケースもあります。じぶんでは気づかないことが多く、ほかの方から指摘されて気づくこともあるぐらいです。このときもやはり、思わぬ力が歯に加わり、それが原因で歯が割れたりすることもあります。
 このような過酷な状況にある歯をまもるのがマウスピースなのです。クッションのような存在だといってもよいでしょう。
 
2.歯のすり減りを防止する
 上下の歯の間に装置が入り込むことで、歯がこすれることが少なくなります。これにより、上下の歯の位置関係が変わりにくくなり、結果として上下の歯を保護することになります。

3.顎関節周囲の保護
 顎関節症の方では顎関節周囲の組織に負担がかかっていることが多いのですが、マウスピース装着が負担軽減につながることがあります。

4.いびき防止
 これは「睡眠時無呼吸症候群」、「スリープスプリント」のページを参照ねがいます。


マウスピースの種類および対象

1.ハードタイプ
 
  
(対象) 強度の歯軋りを有する方、顎関節症
 透明の樹脂(レジン)でつくられる装置です。硬いですが、樹脂を盛り足したり削ったりすることで装置の厚みを変えることが可能です。

2.ソフトタイプ
  
(対象) 歯軋り、顎関節症、運動時の外傷防止
 ビニール樹脂でつくられるため、やわらかく、付け心地もいいです。
 ハードタイプと異なり厚みを変えることができませんが、現在はソフトタイプが主流となっております。

   
 当院ではソフトタイプを自前で作成しており、必要あらば早めにお作りいたします。
 スポーツマウスガードも作成いたします。

3.上下一体型
  上下一体型のスリープスプリント
(対象) 運動時の外傷予防、いびき、睡眠時無呼吸症候群(SAS)

 1.と同じくレジンでつくられます。上下をかみ合わせるような形で装着します。いびきやSAS用の装置では気道確保目的に下顎を前方に突き出した状態で作成されます。


マウスピースができあがるまでの工程

1.「歯型」をとる

 ご自分の歯型をとらせていただきます。もちろん、むし歯など上下の歯でどこか悪い箇所がありましたら、治療を最後まできちんと受けていただくことがたいせつです。
 尚、上下一体型の装置につきましては、上下顎の位置関係が大切になってきますので、かみ合わせを併せてとることになります。
2.装置の調整
 歯型取りをもとに作成された装置がきちんとお口の中で入っているかどうかをチェックします。

(参考)
 ・睡眠時無呼吸症候群のページ
 ・スリープスプリントのページ
 ・ホワイトニングのコーナー(トップ)


歯ぎしりと骨隆起

自院でマウスピースをつくるようになり、歯ぎしりしてる方々の口腔内をいままで以上にしっかり見るようになりましたが、気づいたことがひとつあります。それは歯ぎしりしてる方の多くが、口の中に「骨隆起」を抱えていることです。

骨隆起は骨が膨らむ現象ですが、これは歯ぎしりや食いしばりなど普段以上の不当な力がアゴの骨にかかった際、骨がそんな力に耐えようとして生じた反応だと考えられます。好発部位は下顎(下アゴ)なら内側(舌側)、上顎(上アゴ)なら外側(頬側)および口蓋正中。皮質骨の薄い箇所に生じやすいのかな、と考えられます。

骨隆起、知らず知らずの間に大きくなってることが多く、歯医者で指摘されて初めて気づく方も多いようです。が、急速に大きくなると粘膜も引っ張られることから痛みを伴うことがあります。

このような骨隆起ですが、予防策としてマウスピースが有効と考えられます。歯ぎしり・食いしばりにより生じる衝撃を吸収し、歯や骨を守ることにつながるでしょう。

しかしながらマウスピースで骨隆起が消失するわけではありません。一度生じた骨隆起は大きくなることはあっても小さくなることはありません。舌にさわってすごく気になる方、部分入れ歯の金具がこすれて痛む方などを対象に、骨隆起を外科的に除去するのも一手かと思われます。当院では骨隆起除去などの小手術も多く行っているので、必要あらば申し出てください。

マウスガード マウスピース じぶんの歯を守ろう!/福岡市博多区の歯科医 うえだ歯科クリニック