UEDA Dental Clinic

 うえだ歯科クリニック

電話 092-282-7205  FAX 092-282-7208
〒812-0036 福岡市博多区上呉服町10-10 呉服町ビジネスセンター2階

福岡市 博多区 歯科 インプラント 歯周病 かみ合わせ 義歯 審美 予防 歯医者 博多

歯が喪失する理由
永久歯は生え変わってきませんが、残念なことになんらかの理由で
歯が失われてしまいます。その理由をいくつか挙げてみましょう。


1.むし歯
   むし歯で歯のアタマ(歯冠)がふっ飛び、歯根までが腐ってしまったら…

 根もとだけが残るケースは、当院受診の患者様でもお見かけするものですが、なかにはむし歯をきちんと取り除けば使えると判断できるケースもあります。しかし残念ながら、根もとまでが腐ってしまってはどうしようもありません。あまりにもひどいケースでは、根もと自体も吸収されてしまうものもあります。

 ということで、そういうケースでは歯を残さずに抜歯になることがあります。ただし、義歯になるケースで抜歯後にまわりの骨が吸収する可能性がある場合にあえて抜かずにそのまま置いておくケースもあるので、どういう治療になるかはきちんと確認されてください。


2.歯周病
  「これ以上支えられない」って歯ぐきが泣いている…

 グラグラしている状態。歯のまわりには相当量の歯石がこびりつき、周りの歯肉などは赤く腫れ上がり、膿がたまっていることもある。これが歯周病が相当進行した状態で、とくに歯が垂直に動くようになれば、はっきりいって「末期」の状態です。
 末期の状態では、たとえ隣の歯と固定を図ったとしてもおそらく長持ちしないでしょう。ここまで放置したことに責任を感じていただきたいものです。

3.歯の外傷
 事故などで歯をぶつけた場合、歯のアタマや根っこが割れるケースがあります。受傷して間もないケースで、適切な処置が行えれば、残せることもあります。が、時間が経ちすぎていたり、歯ぐきまでダメージが及んでいたりするケースでは残念ながら残せないこともあります。
 また、最近ひじょうに注意してみるようになってきたせいかもしれませんが、以前になんらかの治療(つめもの・根の治療・かぶせもの)を受けた歯で亀裂やハセツなどのトラブルをみることが多くなってきました。気をつけていただきたいものです。


   縦真っ二つに割れてしまったケース

4.大きな顎骨病変
 歯科ではあまり関係がないかもしれませんが、まれに顎骨に大きな「のう胞」や「腫瘍」ができることがあります。ここで手術で病変を取り除く際に、抜歯を併せて行うことがあります。とくに多いのが悪性腫瘍のケースで、各組織への浸潤・転移をふせぐために、広大な範囲で組織を切除することがあります。その際、顎骨の一部を歯も含めてまとめて切除することがあります。
 大きく切除した場合は、プレートや軟組織を用いて顔面およびその周囲組織を再建していくのですが、場合によりあご全体を修復する装置(顎補綴装置とよばれるものです)で審美および機能回復を図ることがあります。
 
(この手の治療は当院では行えませんので、専門機関へ速やかにご紹介させていただきます)

 


歯が喪失する理由/福岡市博多区の歯科医 うえだ歯科クリニック