インプラントの注意事項
第3の歯として注目されているインプラントですが、以下のような特徴がございます。
その点をご了承のうえで、なにか分からないことがございましたら、当院までおたずねください。





1.骨の状態をたしかめてから行います
 あご骨の中に本体を植え込むのがインプラント治療です。したがって、植え込む周囲に骨の状態(骨量、炎症の有無など)をしらべることは、治療前に必要不可欠なことなのです。入念な検査にもとづき、植え込む本体の長さ、幅(径)が決まるので、術前の検査は必ず受けていただくことになっております。
 奥歯の場合、CT撮影が必要なケースがございます。当院ではCT撮影装置はございませんので、その際には九州大学病院歯科センターに依頼させていただきますので、ご了承ねがいます。

2.体調のよいときに行います
 体調の悪いときは、手術に際して行う麻酔の効きもえてして悪いものです。そのような状態のときは、手術を延期することになりますので、ご了承ください。もちろん、手術当日までにじゅうぶん体調を整えておくことが大切になります。

3.保険外診療になります
 一連の処置はすべて保険外診療扱いとなります。
 (「価格表」のページをご覧ください
 ただし、医療費控除の対象となりますので、医院より受け取った領収証はたいせつに保管されていただくようにおねがい申し上げます。

4.決してこわい処置ではございません!
 インプラント治療を躊躇される方でもっとも多いのが「怖いから」というものです。骨の中にドリルを入れ込むという言葉を聴いただけでも恐怖におののく方もいらっしゃるかもしれませんが、手術はじゅうぶんに麻酔をかけて行いますので、そんなに心配されなくてもかまいません。

5.手術の前後でしっかりお薬をのんでいただきます
 インプラントの一番の難敵は「感染」です。この感染を防止するために当院では、手術の前日より薬剤を服用していただくことにしております。抗生剤、消炎酵素剤、抗炎症剤(解熱鎮痛剤)の3種類ですが、場合により抗生剤は2種類併用していただくことになります。
 お薬でアレルギーが出た方はできるだけ前もってお伝えください。
 また、お薬の費用はインプラント治療の一連の費用に組んでおりますので、新たにお支払いいただかなくてかまいません。





UEDA Dental Clinic

 うえだ歯科クリニック

電話 092-282-7205  FAX 092-282-7208
〒812-0036 福岡市博多区上呉服町10-10 呉服町ビジネスセンター2階

福岡市 博多区 歯科 インプラント 歯周病 かみ合わせ 義歯 審美 予防 歯医者 博多

インプラント治療の注意事項/福岡市博多区の歯科医 うえだ歯科クリニック