UEDA Dental Clinic

 うえだ歯科クリニック

電話 092-282-7205  FAX 092-282-7208
〒812-0036 福岡市博多区上呉服町10-10 呉服町ビジネスセンター2階

福岡市 博多区 歯科 インプラント 歯周病 かみ合わせ 義歯 審美 予防 歯医者 博多

象牙質知覚過敏症について
近年、むし歯でもないのに歯がしみる、というケースを多くみかけます。
これは「象牙質知覚過敏症」とよばれるものです。ここではその原因と対策について述べます。


考えられる原因
1.歯周病の進行

 歯周病により歯のまわりの歯周組織(骨・歯肉)が退縮し、歯の根面が露出することで生じやすくなります。
2.歯周治療
 歯の根面に歯石が付着した場合、麻酔を用いて歯石をとることがあります。この際、根面表面の組織(セメント質)が除去されることがあり、術後に歯がしみやすくなる、といわれます。また、歯石除去などで歯ぐきがひきしまった状態になり、かえって根面が露出してしまうことでもしみやすくなります。
3.ホームケア
 「オーバーブラッシング」と申しまして、力を入れすぎてブラッシングを行うと歯肉が下がったり、歯茎がくさび状に欠けたりしてしみやすくなります。
 また、硬い歯ブラシや電動歯ブラシの使用でも上記現象をまねくことがあります。
4.咬合
 歯軋りなどで歯に持続的な力がかかり続けると、歯の根元先端(根尖とよびます)が圧迫されて根尖からの血流が減少し、虚血状態になります。そこで力がかからなくなり血流が再開される(再環流とよびます)と、歯髄に炎症をおこす物質(ケミカルメディエーターとよばれます)が産生され、歯髄神経が過敏化するといわれております。
 また、歯牙に過度な側方力がかかると歯頚部に張力と圧縮力が交互に作用し、エナメル小柱間の化学的結合が破壊され、結果多数の微小亀裂が合体してくさび状にかけてしまい、しみやすくなります。
5.歯冠修復処置
 処置により歯を削ったあと、象牙質で象牙細管が露出して、知覚過敏が生じることがあります。
6.矯正
 歯の移動で、歯肉退縮が生じた場合におこる可能性があります。
7.ホワイトニング
 ホワイトニングで用いられる薬剤である過酸化水素水がエナメル質表面で作用すると、フリーラジカルとよばれるものが発生してエナメル質内を拡散し、象牙質の表面に達して知覚過敏をひきおこすことが考えられます。

対策(治療)
1.原因が除去できる場合はまず除去してみることがだいじです

 噛み合わせに問題がないかどうか?
 歯周病の進行が認められるかどうか?
 歯に装着している修復物(つめもの・かぶせもの・ブリッジなど)の適合は?
 上記事項が原因ならば、その原因を除去するのがだいじでしょう。

 歯みがきの力が強すぎる、いわゆる「オーバーブラッシング」もここに該当するでしょう。みなさま、心当たりがあるようでしたら、ブラッシングの力をコントロールしてみてはいかがでしょうか?

2.除去できない場合は、知覚過敏予防歯磨剤の使用が有効

 ここでは歯みがきペーストの「シュミテクト」をおすすめします。
 シュミテクトには、硝酸カリウムとフッ化ナトリウムが配合されております。
 硝酸カリウムは、カリウムイオンとして歯髄周囲にイオンバリアを形成することで、刺激の神経伝達を遮断するといわれます。また、フッ化ナトリウム中のフッ素にはご存知のとおりう蝕予防効果があります。
 また、ホワイトニングのアフターフォロー用の歯みがきペーストである「オパールエッセンス」にもフッ化ナトリウムが配合されており、知覚過敏予防効果があると考えられております。
 
 歯みがきペースト「シュミテクト」です
 
 歯みがきペースト「オパールエッセンス」
 

3.知覚過敏抑制剤の使用

 フッ化ジアンミンナトリウムなどの薬剤は知覚過敏の症状を抑える薬剤として知られておりますが、色素沈着をまねいたりするものもあり、実際に使えないことが多いのです。そこで、当院では「MSコート」と呼ばれる薬剤を歯面に塗りつけて歯の表面をコートすることで外部刺激をシャットアウトすることをねらっております。
  
 MSコート。歯面に塗布して知覚過敏を抑えます。

4.プラスチックの充填
 歯と歯ぐきの境目(歯頚部)は何らかの理由にてくさび状に欠けてしまうことがあります。そのようなケースで、上記方法でも症状改善がみられなければ欠けている部位にプラスチックを埋めて外的刺激遮断を図ります。ただし、程度のはげしい、歯髄炎に近いぐらいの程度の重い知覚過敏ではこれでも改善がみとめられないことがございます。

5.歯髄除去
 何をやっても改善がみとめられなければ、歯髄を取り除かざるをえないこともなくはございません。ただし、あくまでも究極の方法です。治療法の第一選択にはなりえませんのでご注意ください。


 歯科治療により知覚過敏が生じるケースは以外に多いものです。
 しかし、だからといってこれらの治療が不要というわけではございません。あらかじめ知覚過敏が予想されるケースでは、前もって知覚過敏予防に取り組むことが大切ではないか、と思うのです。
 とくにホワイトニングでは、治療開始2週間以上前からシュミテクトによる知覚過敏予防に取り組んでおくと、治療期間中の知覚過敏がかなり減るといわれております。
 ブラッシングなどみなさまご自身でも多少気遣っていくべきこともございますが、歯医者サイドも治療により知覚過敏が生じる可能性はつねに確認しておくべきなのです。




歯がしみたらご用心 象牙質知覚過敏/福岡市博多区の歯科医 うえだ歯科クリニック