UEDA Dental Clinic

 うえだ歯科クリニック

電話 092-282-7205  FAX 092-282-7208
〒812-0036 福岡市博多区上呉服町10-10 呉服町ビジネスセンター2階

福岡市 博多区 歯科 インプラント 歯周病 かみ合わせ 義歯 審美 予防 歯医者 博多

応急処置について
ここでは、当院で行われている応急処置の目安をまとめてみました。


処置内容
1)歯がズキズキする(しみる)
・むし歯が歯髄にまで達していないケース むし歯でやられた組織を取り除き、深くなっている場所にセメントを詰めて様子をみてもらう
・むし歯が歯髄にまで達していたケース 1)歯髄を除去する
2)麻酔が効かなかったら、神経を殺すお薬を詰める
3)痛み止めの服用
2)歯がズキズキする(しみない)
・歯の根っこの神経をとっている歯が痛んでいる 1)根の治療のやり直し
2)根の管から膿を出す
3)歯ぐきから膿を出す
4)抗生剤の服用
3)歯ぐきがいたい(腫れた) 1)口腔内の消毒
2)歯ぐきを切開し、膿を出す
3)抗生剤・鎮痛剤の服用
4)顎骨内病変が原因なら場合により専門機関へ紹介
4)歯がグラグラする 1)抜歯
2)隣の歯を利用して固定を図る
3)歯ぐきから膿を出す
4)歯のあたまを削って落とし、噛まないようにする
5)歯が折れた 1)折れ具合を確認
2)アタマ(歯冠)部分のみの破折ならば、歯冠処置を行う。場合により、抜髄処置を要するケースもある
3)根もとまで折れているケースでは抜歯せざるをえないこともあるので、要相談
6)つめもの・かぶせものがとれた 1)下でむし歯になっていないかどうか確認
2)むし歯になっていなければ付け直しでOK
3)むし歯になっていればやり直しを勧める
4)それでも付け直しのみでいいなら、付け直すだけとする
7)義歯(入れ歯)の
さまざまなアクシデント
1)入れ歯が割れた場合は、アロンアルファや即時重合レジンなどを用いてハセツ箇所の修理
2)人工歯がダツリした場合は、その場で補充
3)歯にひっかける装置(クラスプ)のハセツは応対しきれないので、修理に出します。
8)突然口が開かなくなった 1)レントゲン・写真などで原因特定
2)炎症によることが多いので、炎症対策に抗生剤・鎮痛剤などを服用していただく
3)強度の開口障害ならば、専門機関への紹介を行う
9)舌やほっぺたなどがただれている 1)軽度の口内炎ならステロイド軟膏(ケナログ)塗布&処方
2)ただれている範囲が広い場合は、抗生剤・鎮痛剤などの服用
3)ただれ方がはげしい場合は、炎症以外の病巣が疑われるので、専門機関への診察・加療を勧める。



 腫れ・痛みなどの急性炎症はできるだけガマンすることなく、速やかに歯科にて応急処置を受けられてください。
 歯や歯ぐきの腫れ・痛みの大半はむし歯・歯周病といった感染症が原因です。稀ですが、これら感染症が全身に波及していのちを脅かすことがございますので、放置していい理由は何一つないのです。時間をつくってでも歯医者に行くべきでしょう。
 みなさまに心していただきたいのは、腫れ・痛みには何かしらの根本的な原因があるので、それをきちんと治さない限り何度でも再発する、ということです。「とりあえず痛みだけをとってくれ」という方が多いようですが、それだけでは何の進展にもなりません。腫れ・痛みがとれましたら根本的に歯や歯ぐきの治療を受けることが大切です。

 また、全体の治療を希望されている方でも、応急の処置を要するケースはそちらを優先して診ていきますので、あらかじめご了承ください。



急な症状ガマンしないで! 応急処置について/福岡市博多区の歯科医 うえだ歯科クリニック