抜歯について
以下のようなケースは残念ながら抜歯の対象になります。


1.歯が大きくグラつく(歯周病の進行)

  
縦にも横にも大きく揺れて、浮いているケースです

 歯周病は歯を失う原因の第一位です。

 上のイラストのように、歯が相当グラグラし、縦にも動いて浮いた感じがする。レントゲンでも骨の支えがほとんどない。歯ぐきも相当下がっている。そんな状況で、歯が残せるかどうかを考えた場合に、とても残せない、保存が不可能であると判断されたならば、抜歯を受けるのが賢明でしょう。放置しておくと、まわりの骨までが大きく吸収し、のちに受ける治療が制限されます(例:骨量が少なくなりインプラント治療が受けられない)。

 ただし、このケースでは歯のまわりの組織(歯周組織)で強く炎症をおこしていることがあり、膿が多くたまっていることも。その場合は、消炎後に抜歯を受けていただくことになります。

2.根もと深くまで進行したむし歯
  
むし歯で歯冠(歯のアタマ)が吹っ飛んでしまった。どうする?

 歯周病についで多いのがむし歯です。

 上のイラストのように根もとまでがむし歯になってしまうことがあります。それまでには歯が相当痛んでいたことでしょうが、いつしか歯は痛まなくなってきます。「ああ、痛くなくなってよかった」と安心してたら、いつしか歯のアタマが折れてなくなっている…。残るは根もとのみ。
 このケースでは歯を貫いている歯髄がほとんど死に絶え、歯に栄養が行き届かない状況になっています。したがって、むし歯菌に対する抵抗力もかなり低下し、痛みを伴わず知らないうちに根もとまでがむし歯で侵されてしまうのです。

 このケースではむし歯がどれだけ進行しているかで、歯の保存の可否が決まります。根もとのむし歯がごくわずかだけでしたら、歯を保存する方向で考えますが、相当進行していたら、歯は残せないと判断します。私は歯ぐきの下3mmを目安にしてむし歯になった歯の保存の可否を決めております。

3.歯が根元で割れる(ヒビが入る)
  
 縦真っ二つに割れた歯のレントゲンです

 歯のハセツの原因は多種に及びます。
 真っ先に思い浮かぶのは、外傷でしょう。たとえば何かにぶつかって前歯や奥歯がかけてしまったというケース。スポーツでの事故や、交通事故などでよく聞く話です。
 意外と多いのが、根の治療を受けた歯のハセツです。多いのが、土台の芯(しん)が根もと深くまで入っている歯で、その芯がくさびとなって、結果的に垂直に真っ二つに割れてしまいます。根の治療を受けた歯は、歯髄からの栄養がないためにふつうの歯よりもモロさがあるのです。
 もっとも、根の治療を受けていない歯でもこのようなトラブルに見舞われることがあります。

 浅い場所でのハセツ・ヒビなら歯を保存する方向で考えますが、相当深い場所でのハセツは残念ながら抜歯の対象となります。ただし、根の上方でのハセツでは、歯をどうしても残したい、という希望を持たれる方を対象として「再植」という処置があることを知っておきましょう。

※再植処置とは?
 歯の根元などでなんらかのトラブルがあったと考えられる歯を、歯槽骨内から抜き、根の治療などの必要な処置を歯に施してから再び歯を歯槽骨内に植えなおすことです。


4.おやしらず
  
親も知らない(?)から「親不知」と書きます 

 いちばん奥にある歯で、生えてくる場合20歳前後になることが多いので、「おやしらず」という名称がつくのですが、日本人の場合、口の中でもギリギリのところで生えているケースが多く、なかには歯ぐきの中に完全に埋もれているケースも少なくありません。したがって、生えていてもそうでなくても、歯垢がたまりやすい環境にあるので、むし歯や歯ぐきの腫れ・痛みといったトラブルに巻き込まれやすいといえるでしょう。
 そのため、おやしらずが抜歯の対象になることは多いといえるでしょう。ただし、おやしらずを何でもかんでも抜くわけではありませんので、実際に口の中を見てからおやしらずを残すかどうかを決めていくことになります。

5.その他
 1.〜4.で書いた以外の事由で抜歯になることもあります。歯の挺出が極端なケースでも抜歯の対象になることもありますし、埋もれたままの歯が抜歯になることもあります。いずれにしても、口の中の診査・レントゲンなどで総合的にみてから判断いたします。



抜歯後の注意事項


 抜歯のみならず、インプラントなどの外科処置を受けられたみなさまへの注意事項となります。必ずお読みください。当日は、ここで書いた内容の概略を記した冊子をお配りしておりますので、処置終了後、自宅に戻られてからも必ず目を通していただきますよう、おねがい申し上げます。。


1.あらかた血が止まるまでガーゼを噛みましょう

 止血の基本は傷口をしっかりと押さえる、つまり圧迫することです。抜歯の場合では、抜いた場所にガーゼをあてがい、それをかむことにより止血を図ります。
 要点は以下のとおりです。
 1)感染防止のため、清潔なガーゼを使いましょう。
 
2)出血が続いているようなら、ガーゼをぐっと噛み、途中でのおしゃべりは極力控えましょう。
 3)ガーゼは30分おきに交換しましょう。
 4)ほとんど出血していない状況(ガーゼに血がにじむ程度)ならそれ以上噛まなくてけっこうです。


2.抜歯を受けた当日はうがいを極力しないように

 歯を抜いた場所には血液がたまります。
 たまった血液は凝固因子のはたらきにより一日前後で血塊(けっかい:血のかたまりのこと)になります。そして、血塊はやがて血管・神経などを含む骨組織へと置き換わります。
 ところがたまっていた血液が、はげしいうがいなど何らかの原因でなくなることがあります。そうすると、抜いた穴では骨がむき出しの状態になり、激痛が走る可能性が高くなります。そして、抜いた穴が平らになるまでの期間がよけいに長くなるのです。
 ということで、
抜歯当日のうがいはなるべく少なくしましょう。
 尚、歯みがきについてですが、抜歯当日は歯みがきペーストを用いずに行えば、うがいの回数が少なくて済むので、おためしください。患部やそこに近接している部位は磨けないでしょうが、それ以外の部位はしっかり磨いていただいてけっこうです。

3.お酒はほどほどに
 酒は百薬の長といわれますが、ほどほどがよろしいでしょう。
 
アルコールには血管を拡張させる作用があり、止血に対して不利になります。
 一杯のみはじめると、とことん飲み続けてしまうならば、当日のお酒は控えたほうが賢明でしょう。

4.禁煙
 タバコにはいろんな作用がありますが、その中のひとつとして強調しておきたいのは
血流を悪くする作用があるということです。
 以前、私は口腔外科というところで入院患者さんの処置などに携わっていましたが、タバコを常用する方では手術で切開した部位のまわりがひじょうにドス黒く、かつヘンなニオイを発していたのを強く覚えています。これは、本来なら血液の色が反映されているはずの粘膜に血流がしっかり行き届かないためです。
 したがって、抜歯窩を痛みなく治したい、とお考えならば、せめて
抜歯前後ではタバコを極力控えるようにするべきでしょう。
 ついでに申しますと、こういう機会に禁煙に取り組まれることを強くお薦めいたします。
 また、抜歯した部位にインプラントを入れたい、とお考えの方。同部位には骨をつくるコラーゲンスポンジを挿入し、数ヶ月の間で骨をつくりますが、喫煙により骨形成が阻害される可能性が考えられますので、禁煙に取り組みましょう。

5.おふろについて
 外科処置を受けたその日のおふろは控えましょう。
 身体が温まることで、血管拡張作用がはたらき、止血に不利になると考えられます。
 
当日は軽めのシャワー程度でとどめておきましょう。

6.お薬の服用について

 
1)出されたお薬はきちんと飲みましょう
 当院指示でのんでいただくお薬は、抗生剤、消炎酵素剤、解熱鎮痛剤の3種類です。とくに、抗生剤、消炎酵素剤については、出された分をきちんとお飲みください。
 
2)ほかのお薬を飲んでいる方は申し出てください
 飲み合わせによっては、重篤な副作用が発生することがあります。いったん事故が起こってからでは遅いのです。必ず前もってお伝えください。
 
3)いたみ止めはかならず間隔をあけましょう
 いたみ止めは、原則的には頓服での服用が基本です。間隔があかない状況で服用してもきちんと薬剤が作用しなくなる可能性が高くなります。最低5時間以上の間隔をあけて服用されてください。

7.そのほか
 
(1)抜歯した部位が大きく穴が開いてしまったら?
 抜歯後数日経ってから、とつぜん抜いた場所で痛むことがあります。
 とつぜん痛みが出る原因としていちばん多いのが、抜歯部位がなんらかの原因で大きく穴が開いてしまうことが挙げられます。
 この状態を
「抜歯窩(ばっしか)治癒不全」と申しますが、抜歯部位周囲にまだ肉が盛り上がっていない状況で、周囲の骨が空気や水にさらされるために鋭く痛み、二次感染の原因にもなります。
 この状況に対して、
当院では抗生剤および表面麻酔剤の軟膏を混ぜ合わせて薬剤を抜歯部位に塗布し、応急的に穴をふさぎます。ある程度肉が盛り上がるまで、この処置を繰り返し受けてください。処置自体は5分程度で終わります。尚、処置後は1時間ほどうがいをしたり、飲み食いをしたりしないようにご注意ください。
 
(2)どうしても血がとまらないときは?
 いろんな方法でためしても血が止まらないこともあるでしょう。そのときは、やはり速やかに病院で見ていただくことが賢明かと思われます。当院の診療時間帯ならば、当院までご連絡ください。
 
(3)診療時間外のときの対応
 当院の診療時間帯以外では、下記の機関をご利用ください。
 
・九州大学病院 平日夜および土日終日で口腔外科専門の宿直がおります。
   福岡市東区馬出3丁目1-1 電話)092−642−6268
 
・福岡市歯科医師会休日急患センター
   日曜・祝日の9時から17時まで応対しております。
   福岡市中央区大名1丁目12−43 福岡県歯科医師会館1階



UEDA Dental Clinic

 うえだ歯科クリニック

電話 092-282-7205  FAX 092-282-7208
〒812-0036 福岡市博多区上呉服町10-10 呉服町ビジネスセンター2階

福岡市 博多区 歯科 インプラント 歯周病 かみ合わせ 義歯 審美 予防 歯医者 博多

お口の中で「サヨウナラ」にお付き合いいたします 抜歯について/福岡市博多区の歯科医 うえだ歯科クリニック