UEDA Dental Clinic

 うえだ歯科クリニック

電話 092-282-7205  FAX 092-282-7208
〒812-0036 福岡市博多区上呉服町10-10 呉服町ビジネスセンター2階

福岡市 博多区 歯科 インプラント 歯周病 かみ合わせ 義歯 審美 予防 歯医者 博多

根の治療
むし歯が歯の根っこまで進行した場合、
「歯が残せる」と判断できるケースでは、根の治療を受けていただくことになります。



歯根に生じる疾患
根の治療を要する原因となる疾患、および各疾患の病態について紹介いたします


1.歯髄炎(Pulpititis)

  

 むし歯の進行度合ではC3に分類されます。むし歯が進行した場合、歯が大きくハセツした場合、で生じることが多いです。このケースでは、歯の根管内にある血管神経の複合組織(歯髄)が激しく炎症をおこします。歯髄は歯の末端組織(エナメル質や象牙質)に栄養を送り込む重要な役割を担う組織なのですが、炎症を繰り返すたびにだんだん弱くなり、ついには死に絶え、その役割を果たせなくなってしまうのです。
 死に絶えた歯髄は腐敗し、細菌増殖の温床と化し、残っている歯の組織(象牙質など)にそれらが侵入することでさらにむし歯が進行していきます。


2.根尖性歯周炎(Periodontal Apicalis)

  
むし歯がさらに進んで、根の先端が傷むケースです。

 C3、場合によりC4に分類されます。
 上述の歯髄炎がさらに進行した状態だと考えてかまいません。過去に根の治療を受けたにもかかわらず再発したというケースが多いようです。歯髄はほぼ壊死(腐敗)しており、根管からの細菌侵入で歯根の象牙質もむし歯が進行していることが多く、さらには根管内の細菌が根尖を通じて歯の外にあふれ出し、根尖周囲(根の先端のまわり)で炎症が生じてくることがあります。

 根尖周囲で炎症が繰り返されると、炎症巣がだんだん大きくなり、根尖を中心とした「のう胞」と呼ばれるうみの袋なるものが形成されるようになります。

 「のう胞」については、本ページの最後で改めて述べてまいります。





治療のステップ
歯髄炎、根尖性歯周炎、それぞれで治療の流れをイラストを用いて紹介いたします。

1.歯髄炎
 根管内で細菌がそれほど増殖していないケースが多いので、通院回数は比較すると少ないと思います。しかしながら途中で治療を中断してしまうとむし歯が二次的に進行してしまうので、いったん受け始めたら最後まで通院していただくことが大切です。

・むし歯の除去、歯髄の除去
    

 むし歯でやられたエナメル質・象牙質と、歯の根管内にある歯髄を取り除きます。頭痛を併発するぐらいに激しく痛むこともあるので、麻酔や薬剤塗布などで疼痛を緩和しながらこの処置を行います。このステップは一回の来院で終わらないことのほうが多く、ひどい方では歯髄除去をはじめるまでに4回ほど来院していただいたことも過去にありました。ただ、歯髄をきちんと取り除けることができましたら、自発痛はほとんど生じなくなります。
 イラスト左:エナメル質と象牙質を除去し、歯髄を明示した状態
 イラスト右:根管内の歯髄除去は針のような細い器具を用いて行います

    

・根管内のおそうじ
 さまざまなお薬(消毒液など)を用いて根管内をきれいにしていきます

    

・根管内につめものをします

  
 根管内は通常空気に触れることはありません。なので治療途中で放置したままだとばい菌(おもに嫌気性菌)がたまり、悪臭の原因になります。そこで、根の管がきれいになりましたら、管の中にできるだけ隙間をつくらないよう、上のイラストのようにタイトにつめものを入れていきます。根管充填(こんかんじゅうてん)と呼ばれる処置です。根管内の清掃が終わりましたら、早めにこの処置を受けることがたいせつです。

     

・土台、うわもの(かぶせもの)をたててもらう

      

 根管充填後は、土台をふくめたうわものが必要になります。うわものは、むし歯でくずれてしまった歯のアタマの部分を回復させる役割があり、かみあわせのズレを防ぐねらいもあるのです。
 イラスト左:土台までが入った状態
 イラスト右:土台の上にかぶせものが入った状態
 そこまで受けて、はじめて「治療が終わった」ということになります。途中で治療が中断になると、ほかの歯が動いたりなどのトラブルが生じやすくなるので、
いったん治療を受け始めましたら、必ず最後まで治療を受けるようにしましょう。



2.根尖性歯周炎
 根管内で細菌が増殖し、細菌侵入により象牙質にまでむし歯が進行していることが多いもの。また細菌が根管外にあふれ出し、根尖周囲が炎症をおこし、歯ぐきが腫れたり痛んだりすることがあるのもこの疾患の特徴でしょうか。
 通院回数も上述歯髄炎より多くなりますし、最後まできちんと治療を受けたとしても二次的にむし歯が進行し、根の病気が再発することもあります。場合により予後不良にて抜歯することもありますが、適切に治療を受けて予後よく歯を長年持たせられることもあります。
 保存が可能な歯については、粘り強く最後まで治療を受けていただくことがたいせつです。


・消炎処置
  

 このケース、根尖で炎症をともなっているケースが多いので、炎症を取り除くのがこの治療での最優先事項になります。
 具体的な処置としては、
1)歯ぐきに膿がたまっている場合は、歯ぐきを切開して排膿する
2)根の管のよごれを取り除く(これにより、膿が根の管を通じて排出されることがある)。このケースでは歯に仮づめを行わず、根の管入り口に綿だけをつめ、排膿を促す。
3)噛んで痛いケースでは、歯のアタマの部分を削り、そこが噛みあわないようにする。かぶせものが入っているケースではかぶせものあるいは土台を取り除く。
4)抗生剤などの薬剤の処方
が挙げられます。応急処置にも該当しますので、痛みがある場合では早めにおいでください。

    

・むし歯の除去
 歯が残せるのかどうか、を早めに見極めるためにはむし歯がどれだけ進行しているかを確認することがたいせつでしょう。ということでむし歯でやられている組織を切削器具などを用いて除去していきます。

    

・根の管のおそうじ
 上述の歯髄炎と同じですが、根管内およびその周囲が汚染していることが多いので、このステップで何度も受診していただく必要があります。

    

・根の管の中につめものをします
 ここも上述(歯髄炎)と同じです。
 根の管の中はほっておくと、ばい菌がたまり、根のまわりの骨を溶かす原因になります。そこで、根の管がきれいになりましたら、管の中にできるだけ隙間をつくらないよう、上のイラストのようにつめものを緊密に入れていきます。

・土台、うわもの(かぶせもの)をたててもらう
 上述(歯髄炎)と同じ。
 かぶせものまでが入り、はじめて「治療が終わった」ということになります。途中で治療が中断になると、ほかの歯が動いたりなどのトラブルが生じやすくなるので、
いったん治療を受け始めましたら、必ず最後まで治療を受けるようにしましょう。



3.歯根嚢胞
(Radicular Cyst)
 根尖部周囲の病巣が袋状に大きくなり、まわりの骨を溶かす病気を歯根嚢胞(しこんのうほう)と呼びます。これは永久歯があごの骨の中でつくられるときに働いた組織の名残が原因となっており、その名残がふくろの壁となり、そのなかに何らかの炎症により生じた膿がたまることで大きくなるといわれております。嚢胞では、一本の根っこだけにかかる小さなものもあれば、あごの骨の大半をしめるような巨大なものもありますが、根尖性歯周炎から発展して生じる歯根嚢胞は1〜2本相当の大きさであることがほとんどです。

 
 症例:50歳代男性、上の前歯の歯ぐきの腫れ・痛みを主訴に来院。
 上の前歯2本が原因と思われる歯根嚢胞(のう胞)のレントゲン像。真ん中あたりで大きく境界明瞭で透明な像が認められますが、これはのう胞により前歯上方の顎骨が溶けている(!)像なのです。このケースは病巣がかなり大きいと判断し、専門機関(大学の口腔外科)へご紹介いたしました。


 治療法ですが、炎症が激しい場合には消炎処置が最優先事項となりますが、完治を目指されるならば、
1)根の治療(根管への充填処置は下記手術と同時に行うことが多い)
2)嚢胞摘出術(嚢胞を完全に除去すること。周囲の骨も少し掻き出す)
3)歯根端切除術(充填処置を行った根管の先端1〜2mmを切断除去する)

の三つを受けていただくことが大切です。

 尚、1〜2本相当の比較的小さな歯根嚢胞ならば当院にて施行いたしますが、それ以上の大きい歯根嚢胞につきましては専門機関へご紹介いたします。 
 また、顎骨内ではほかの要因により骨の吸収を伴う嚢胞性疾患が生じることがございます。確率はけっして高くありませんが、何か顎骨で異変を感じましたらすみやかに当院までご相談ください。




根の治療を受けているみなさまへ
根の治療を受けられているみなさまに、注意事項がございますので、心して読まれてください。



1.最後まで治療を受けましょう
 途中で治療が中断されると、治療途中の箇所から新たにむし歯が二次的に進行する可能性がひじょうに高くなってきます。すると、治療開始当初では歯が残せると判断したケースで、進行してしまったがために歯が残せないと判断せざるをえない、といった事態も考えられます。自分の健康のため、かぶせものを入るまでは最後まできちんと治療を受けましょう。

(みなさまへ)
 痛くなったから当院に来て、治療途中ながらも痛みがとれたから全くこなくなった。そして、しばらくしてからまた痛くなってきたから来た…。こんなケースがないでしょうか?
 久々に来院されて、やることは根の治療のやり直しからなんですが、こういう方に限って「なんで痛くなるんだよ!」「根の治療だなんてこの前やってばかりだろうが!」って突っかかってくることが多いのです。「まあまあ…」なんてなだめてはいますが、内心は「あなたが途中で中断するのが悪い!」って思っているものです。

 再度申し上げます。根の治療は何度か来院されていただく必要があります。そして最後まで(つまり「かぶせもの」が入るまで)治療を受けることで、二次う蝕進行のリスクが減るのです。必ず通院を続けましょう!

2.根の治療を受けている歯でものを噛まないようにしましょう
 根の治療というのは、根尖近くで歯髄を除去する処置でもあります。ということは歯髄をそこで切断しているわけで、根の治療の途中では多少の炎症を伴うことが多いのです。そのようなときにかみ合わせの刺激がかかると根尖に炎症が生じ、結果強い痛みが生じるのです。ご注意ください。

3.仮詰めが外れたらすみやかにご来院ねがいます
 治療では根の管の中を極力きれいな状態にするのがわれわれ歯科医の仕事で、最後には歯の穴をあけた部位に仮詰めをして各回の治療が終了します。
 ところが、その仮詰めが外れてしまったまま放置しておくと、穴が開いた場所から雑菌が根の管に入り込み、根の管やまわりの骨などが感染する可能性が高くなるのです。
 みなさま、お手数ですが、根の治療途中にて仮詰めが外れましたら、早めにご来院ねがいます。

4.根尖性歯周炎では根の管のおそうじのために通院が何度も必要です
 根管の中も汚染されていますが、まわりの壁(歯の組織では「象牙質」に相当します)も汚染していることが多いもの。そこで、根の治療ではこの根管の壁を徹底しておそうじすることで、根尖外へ病巣を巻き散らかさないようにする必要があるのです。一度や二度のおそうじでは汚れが取りきれてないことが多いので、みなさまには何度もご来院していただくことになるのです。われわれも根気強く処置に臨んでおりますので、みなさまも負けずに続けて治療を受けられてください。

5.通院回数は診断・治療部位により、異なります
(1)診断による回数の違い
 歯髄炎では根の治療にかかる治療回数は少なくて済みますが、根尖性歯周炎では根の治療の回数が大幅に増加している傾向にあります。
(2)治療部位による違い
 比較的前方に位置し、歯の根の管(根管)の数が少ない、前歯や小臼歯などでは比較的治療回数が少なくて済むことが多いのに対し、後方に位置し、根管の数が多い大臼歯では治療回数も増え、一回にかかる所要時間も多くなる傾向にあります。

 再度申し上げますが、根の治療は最後まできちんと受けて、じぶんの歯を守りましょう。
 



「根治は根気!」粘り強く受診しましょう! 根の治療について/福岡市博多区の歯科医 うえだ歯科クリニック