UEDA Dental Clinic

 うえだ歯科クリニック

電話 092-282-7205  FAX 092-282-7208
〒812-0036 福岡市博多区上呉服町10-10 呉服町ビジネスセンター2階

福岡市 博多区 歯科 インプラント 歯周病 かみ合わせ 義歯 審美 予防 歯医者 博多

ブリッジ

比較的欠損している箇所が少ない場合に採用される方法です。
接着剤を用いてしっかり固定します。

尚、ブリッジでは保険適応のものと保険外扱いのものとがあるので、
治療を受ける前に必ずご確認ください。
また、受付前には「つめもの」「かぶせもの」の見本がありますので、
ご来院の際には一度ご覧いただければ幸いです。


ブリッジのパターン
ブリッジの場合、欠損状態および支える歯の位置により、
その形態が異なるのが特徴です。

1.抜けた部位の前後にきっちり歯がある場合
      

 多いパターンが1本だけが抜けているケースです。前後でしっかり歯が残っていれば、ブリッジで修復するのが有効だと考えられます。

2.いちばん後ろの歯が1本だけ抜けた場合
     

 左上一番後ろの歯に対する「延長ブリッジ」の症例です(模型で解説)。
 手前2本の歯を削りこんで型をとり(写真左)、得られた模型上でブリッジが作成されます(写真右)。ブリッジなどの修復物は提携している技工所に依頼して作成していただきます。尚、写真のブリッジは保険適応のものです。

 最後方の歯だけが欠損している場合に用いられる方法です。手前に2本連続で固定用の歯が残っていればこの方法が可能です。「延長ブリッジ」「カンチレバー」と呼ばれます。手前の歯にできるだけ負担がかからないように、欠損部分の歯は小さめにつくられるのが特徴でもあります。


3.いくつかの歯がとびとびで抜けてしまった場合
 何本かの歯がとびとびで抜けてしまった場合、ブリッジの選択が可能となることがあります。もちろん、設計上負担しきれないため、ブリッジの対象外になるケースもあります。レントゲン、模型などを通じてしっかりと検討したうえで、ブリッジが可能かどうかをお伝えいたします。



ブリッジの材料(種類)について
つめもの・かぶせもので、さまざまな種類の材料があるように、
ブリッジにもいくつかの材料があります。

 左側が金属のブリッジ、右側がハイブリッド素材のブリッジ

1.セラミックのブリッジ
 表面がセラミックで覆われているブリッジです。前歯のような審美性が強く求められる場所では、オススメのブリッジになります。以前は内外面ともセラミックである「オールセラミック」はブリッジには適さないと考えられておりましたが、近年の歯科材料の進歩に伴い、最近では
オールセラミックの素材でもブリッジが可能になってきました。

 もちろん、従来から定評のあるメタルボンドのように内面が金属合金であるもの、内面に金箔を施しているもの、さまざまございます。みなさまのご要望などを聞き、種類をご提案させていただければ、と思っています。

2.ハイブリッド素材のブリッジ
 表面はハイブリッド素材、そして内面はチタンで覆われているブリッジです。機械的強度だけならセラミックスのほうがハイブリッドより上ですが、ハイブリッドにはセラミックスにない「やわらかさ」があります。意外と衝撃に強い素材だといえます。
 チタンは生体親和性を有し、軽くて溶けにくい性質を有するので、内面補強には最適の素材です。数百キロもの咬合力がかかる臼歯部におすすめです。

3.保険適応のブリッジ
 保険適応の冠(クラウン)をベースにしたブリッジということになります。
 前歯部なら前装鋳造冠が用いられますし、臼歯部なら金属冠を用いられます。
 なかには、欠損部位の両サイドがまったくむし歯になっていないケースもありますが、歯冠の全面をかぶせてしまうと後でしみる可能性があるならば、削る量を少なくして応対することもあります。




治療を受けたあとは歯みがきをていねいに!

 歯の治療のメインは、悪いところを治して、そこに装置を入れる、というところにあります。したがって、つめものやかぶせもの、ブリッジ、義歯、インプラントなどの装置がきちんと入ったら、そこで完治、というふうに考えがちです。

 しかし、いったん治したら、そこで二度と歯医者に来なくていいか、というと、答えはNo!です。
 装置を入れたあとで再来院するケースが実は少なくないのです。原因として多いのが、つめものやかぶせもので、装置と歯との境目が二次的にう蝕になるケースです。

 その境目は、長期間使用していると段差・隙間が生じてくることがあります。実は、歯も装置も熱などによってマイクロ単位で伸び縮みを繰り返しており、その伸び縮みの率が組織や材料によって異なってくるのです。なかでも天然の歯と金属とではその率が異なっており、長年の使用で段差・隙間が生じてきます。するとその僅かながらの隙間に歯垢が入り込んできて、二次的にう蝕が生じやすくなってきます。

 つめもの・かぶせもの・ブリッジのように、歯を利用した装置では境目にこのような二次疾患をまねきやすいので、装置が入りましたら、尚一層ていねいなブラッシングを行いましょう。






つないで失われた歯を補う装置「ブリッジ」/福岡市博多区の歯科医 うえだ歯科クリニック